歴史的背景

越後のちりめん問屋

小川商事は「越後のちりめん問屋」として、
綿、麻、シルクなどで「ちりめん」や「ちぢみ」の織物を作って来ました。
熟練工による織りと後加工技術を施した上質な生地は、
彼らの誇りとともに全国の取引き先へ卸されていました。

木綿からオーガニックコットンの時代へ

時代は変わり、消費者のニーズは昔ながらの「木綿(もめん)」から
「オーガニックコットン」へと移っていきます。
しかし、小川商事のバックグラウンドである
「ちりめん」や「ちぢみ」で培った伝統の技術はいつの時代も変わることなく、
手間のかかる織りと加工で仕上げる風合いの良いオーガニックコットン生地は、
またたくまに従来の麻やシルクを押しのけて、主力商品となっていきました。